生地の特徴の違いを比べる

免税

新しい商品やサービスを多くの人に知ってもらうためにタペストリーを設置するのなら、どの場所に設置するのか考えながら生地を選ぶ必要があります。水分が染み込みやすい生地を選んでしまうと、雨風が原因でタペストリーの形が歪む可能性もあるので、屋外向けと言われている生地を選ぶのが理想的です。屋外向けに作られている生地は撥水性に優れていて、雨水などが簡単に染み込まないので水分が原因で重量が変化しにくく、デザインの良さを雨の日でもアピールできます。夜間でもデザインが目立ちやすいように明るい色合いを選ぶことも重要で、タペストリーの色合いが暗すぎると照明の近くでも何を宣伝しているのか分かりにくい場合もあるので気をつけてください。

どこでも設置しやすくて手軽

宣伝目的で大きな看板を作ろうとすると費用が高くなってしまうので、費用を節約したくてタペストリーを作るという企業も珍しくありません。価格が安い生地であっても十分な耐久性を持っていて、どこでも設置できるのがタペストリーの便利な点で、看板を作るよりも短期間で作れるところも便利だと言われています。室内に設置するために小さな生地を作りたいといった目的に合わせ、サイズを細部まで指定できて縦に長いデザインやフラッグ形状に変えることも可能です。強風が吹く場所に設置する際には重みのある生地を選ぶことで、風で揺れ動きにくいタペストリーを作れるなど、生地の特徴を把握することで理想的なデザインに仕上がります。

サイズが大きな生地を活かす

展示会などで飾るタペストリーを作る際には、サイズが大きなものを作ると存在感を出せて、いくつも飾ることで販促効果を高められます。壁だけでなくテーブルの上などに飾れるように、テーブルクロスのような形状をしたタペストリーを作る企業も多く、休憩中に使うテーブルを来場者が見ることで商品やサービスの名前を覚えられます。2メートル以上の大きさのものを作っても持ち運びやすくて、折り畳みながら搬送しても生地が弱ってしまう心配もなく、展示会などに飾り付ける作業がすぐに終わるのも魅力です。屋外に飾り付ける際には風通し機能を持つものを選べるなど、生地の特長を活かしながら販促効果を実感できるという点で、タペストリーは多くの企業から注目されています。耐火性で優れている生地は熱に強いために、真夏の太陽光の下でも生地が弱りにくいなど、環境に合わせて生地を選びやすいのがタペストリーは気軽に作りやすいと言われる理由です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中